肌の黒ずみの原因

肌が黒ずんでしまう原因って、一体どんなことが考えられるでしょうか。
最も多いのは、ニキビ跡と、くすみによるものなのですね。

ニキビ跡というのは、ニキビが出来た後、適切な処理をせず、
そのまま放置してしまった結果、黒ずんでしまう事や、
ニキビをつぶしてしまい、それがニキビ跡となってしまうことなのです。

また肌のくすみには、様々な原因が考えられます。そもそも肌のくすみ
とは、肌の血行不良や、フェイスマッサージや顔の洗いすぎなどによる
肌の摩擦などが引き金となって、肌の黒ずみへとつながるものなのです。

このように、ニキビ跡や、肌のくすみなどが原因で、肌が黒ずんで
しまうことがありますが、他には、外出先から、帰宅した後、
すぐにクレンジングをせず、就寝してしまうというケースもありますね。

さらには、肉体的、精神的な疲労やストレスからも、肌が黒ずむという
現象も考えられます。具体的な例でいいますと、睡眠不足や、過労などに
よるものや精神的なストレスからも伺えますね。

特に、睡眠不足は、肌の敵ともいわれているように、肌の新陳代謝を
する夜の10時から夜中の2時までに眠りについていないと、
肌のターンオーバーが遅れてしまい、肌が黒ずみやすい原因ともなります。

日本人は、働きすぎともいわれているように、過労による精神的なストレスから、
肌にも影響してしまい、肌が黒ずむという現象もあるのです。肌の黒ずみといった肌のトラブルは、
睡眠不足と過労は密接に関係しているといっても過言ではありません。

 
膝の黒ずみケアはこちら⇒膝の黒ずみケアレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です